オンラインヨガの支払い方法の種類を解説!クレジットや現金など4サイトを徹底比較!

オンラインヨガの支払い方法の種類を解説!クレジットや現金など4サイトを徹底比較!

ランキング
スクール
はじめ方
オンラインヨガを始めるに当たって、こんなことで悩んでいませんか?

  • オンラインヨガを始めてみたいけど支払い方法がわからない
  • クレジットカードやPayPalって使えるの?
  • 現金じゃダメ?
  • なるべく支払い方法の選択肢が多いところがいい
  • 手軽な支払い方法のサイトと契約したい

マユミ

オンラインヨガは継続して行うことが多いもの。だからこそ、自分に合った支払い方法に対応しているところでレッスンを受けたいよね。

上記のお悩みを解決するために、今回はオンラインヨガサイトの支払い方法について紹介します。

それぞれの支払い方法におけるメリット・デメリットを紹介するだけではなく、4つのオンラインヨガサイトの支払い方法を比較しちゃいます。

まずは支払い方法について見ていきましょう。

オンラインヨガの支払い方法4つのメリット・デメリット

オンラインヨガの支払い方法4つのメリット・デメリット

オンラインヨガのレッスン料の支払い方法はそのサービスやサイトによってそれぞれ異なります。
ここでは代表的な支払い方法について紹介していきますよ。

主に下記4つの支払い方法が挙げられます。

  1. クレジットカード
  2. 口座振込
  3. PayPal
  4. デビットカード

マユミ

普通のヨガレッスンスタジオと違って、現金を直接渡してやりとりすることはないんだね。この辺はまさにオンライン!って感じかも。

次からは各項目の支払い方法についての詳細や、メリット・デメリットについても紹介します。

まずは1の項目から順番に見ていきましょう。

クレジットカード

オンラインの通販サイトの普及によって、支払い方法としてより身近になったのがクレジットカードです。

オンラインヨガでも支払い方法としてクレジットカードが対応していることが多いんですよ。

そんなクレジットカードですが、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット デメリット
・現金が手元になくても支払いができる
・家から出なくても決済が可能
・支払いを後回しにできる
・使った金額がわかりづらい
・支払い額の反映に時間差がある
・お金が引き落とされる月(支払い月)の支出を考えて使う必要がある

マユミ

わざわざ銀行へお金を持って行ったり、家を離れたりしなくてもいいのは楽チンだね♪ でも支払いまで時間差がある分、引き落とされる月にどれくらいお金を使うのか予測しながら使う必用があるかも。

口座振込

次に紹介するのは口座振込です。

自分の口座から、もしくは手元のお金を相手の口座に振り込む方法なので、馴染みのある支払い方法ではないでしょうか。

そんな口座振込のメリット・デメリットを下記にまとめました。

メリット デメリット
・今持っている金額で支払いできる
・金額反映にあまり時間差がないのでわかりやすい
・直感的な支払い方法
・手元や口座にお金がないと支払えない
・振り込む手間がある
・オンラインバンクに対応していないと、いちいち外出しなければいけない

マユミ

まだ子供が小さくてなかなか家を離れられない人は大変だよね。今はオンラインバンクも普及しているから、スマホのアプリから簡単に振り込みができちゃうよ!

PayPal

3つ目に紹介するのはPayPalです。PayPayと名前が似ていますが、違うサービスなので間違いに注意しましょう。

PayPalはオンラインのレッスンやセミナー料金の支払い方法として使われることが多いです。

日本ではまだちょっと馴染みのないサービスですが、世界190ヶ国に展開しており、ユーザー数はなんと2億人以上います。

そんなPayPalのメリット・デメリットはこちらです。

メリット デメリット
・クレジットカードもしくは銀行から支払いが可能
・ワンタッチで支払える
・日本円、日本のアカウント同士なら手数料が無料
・登録の手間がある
・分割払いはできない
・オンラインヨガの支払い以外では使う機会が少ない

マユミ

クレジットカードに似ているけど、クレジットカードのように一括で支払った後に分割するということはPayPalではできないから気を付けてね!

デビットカード

一番最後に紹介するのがデビットカードです。

デビットカードは使用すると登録した口座からすぐにお金を引き落としてくれます。

デビットカードのメリット・デメリットは下記のとおりです。

メリット デメリット
・銀行口座からすぐに支払われる
・クレジットカードのように支払い金額の反映に時間差がない
・審査が必用ないのですぐカードを作れる
・口座の残高がないと使えない
・分割払いはできない
・ポイントの還元率は低め

マユミ

銀行口座から直接引き落としされる上に、審査が必用ないのですぐにカードが作れちゃうよ。便利なので一枚持っておいてもいいかもね。

オンラインヨガのサイト4つの支払い方法を比較!

オンラインヨガのサイト4つの支払い方法を比較!

ここまではオンラインヨガ における支払い方法について紹介してきました。

ここからは、代表的なオンラインヨガサイト4つを取り上げ、それぞれどんな支払い方法に対応しているのかを紹介します。

マユミ

SOELU、Yogalog、ココロニヨガ、自宅deヨガの4サイトの支払い方法を比較してみたよ。
  クレジットカード PayPal 口座振込 デビットカード その他
SOELU
Yogalog コンビニ決済
ココロニヨガ
自宅deヨガ

上記の表を見てみると、一番多い支払い方法としてクレジットカードだということがわかりますね。

クレジットカードの支払いは4サイト中3サイトが対応しています。

また、口座振込やPayPal、デビットカード、コンビニ決済はそれぞれ4サイト中1サイトのみが対応していますね。

支払い方法の対応数でランキングを作成したので見てみましょう。

  1. Yogalog(3種類)
  2. SOELU、ココロニヨガ(2種類)
  3. 自宅deヨガ(1種類)

マユミ

まずはSOELUの支払い方法について詳しく見ていこう!

SOELU

SOELUはクレジットカード・デビットカードの2種類の支払い方法に対応しています。

契約したレッスンコースのプランによって料金が異なり、毎月一度の支払いが必用です。

どちらの支払い方法においても下記のカードに対応しています。

  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • アメックス
  • ダイナース

マユミ

デビットカードは上記のマークがついているものが使えるよ。ただし、登録画面で決済ができるかどうかを確認してみる必要アリ!携帯会社から発行されるデビットカードやプリペイドカードは使えないこともあるので、SOELUと契約する前にカード会社へ連絡して確認をとろうね。

Yogalog

Yogalogの支払い方法はクレジットカード決済の他に、銀行振込とコンビニ決済があります。

支払いのタイミングや支払い方法はコースによって異なります。

コース・パック名 支払い方法
月額(毎月) クレジットカード
6ヶ月パック(半年に1回) ・クレジットカード・銀行振込・コンビニ支払い
12ヶ月パック(1年に1回)

マユミ

月額はクレジットカードのみ、長期パックの支払い方法は3種類と覚えよう。

ココロニヨガ

ココロニヨガの支払い方法はPayPalと口座振込の2種類です。
ココロニヨガはのレッスンはチケット制です。予約をとり、その度に必要なチケットを購入し、消費していきます。

そのため、一度に購入するチケット数やレッスンの予約頻度によって、支払いのタイミングは人それぞれと言えるでしょう。

振込手数料を考えるとPayPalの方がお得だね。

自宅deヨガ

自宅deヨガの支払い方法はクレジットカードのみです。対応カードは下記になります。

  • VISA
  • MASTER
  • JCB
  • American Express
  • Diners

こちらもココロニヨガと同じようにチケット制です。

しかし、月額チケット5などは1ヶ月の間に5チケット分を消費するのでそういう意味では月額制と捉えてもよいでしょう。

マユミ

支払い方法がシンプルな分、迷わなくていいかも。

オンラインヨガの支払い方法はクレジットカードがおすすめ

オンラインヨガの支払い方法はクレジットカードがおすすめ

オンラインヨガサイトの支払い方法で一番多いのは、今回ではクレジットカードという結果になりました。

やはり手間がかからず楽だからでしょうね。

また、子供の面倒を見るため家を離れられなくても、その場ですぐに支払いできるのもメリットですよね。

オンラインヨガサイトによって支払い方法は様々ですが、全体的にキャッシュレスに対応している印象がありました。

マユミ

サービス内容はもちろんだけど、支払い方法に負担がないオンラインヨガサイトを選ぶのも大事だね。
私のおすすめはSOELUだよ。支払い方法はキャッシュレスだけど、デビットカードがあるから銀行振込と同じ感覚で支払えるんじゃないかな?
これならクレジットカードに抵抗がある人も安心だね。

オンラインヨガの始め方と準備